5/18賢治の楽校その壱

縮小800P1000977縮小800P1000990縮小800P1000986縮小800P10009835月18日 大宇宙宮澤賢治を読み・唄い・演じ・踊り・弾き・語り・描き・唸り・遊び・学ぶ「賢治の楽校」の開校です。 岡義広さん(俳優) 鵜飼雅子さん(俳優)小川倫生さん(ギタリスト)を講師にお招きし 小川守(くぐつの楽校長)進行。花巻農学校精神歌の校歌のあと、岡さん、鵜飼さんによる朗読「めくらぶどうと虹」「マリヴロンと少女」「氷と後光」「銀河鉄道の夜・午後の授業」小川倫生さんのギターの音色に包まれて、ゆったりとした時間と空間でした。

2 Comments  to  5/18賢治の楽校その壱

  1. 豊田三喜子 より:

    先日の「賢治の学校・その壱」を受講した真岡市の豊田です。楽校長の小川さんの開講できた喜びに溢れたお姿が印象的でした。らくりん座の公演を何度か鑑賞したことがあるので、岡さんのお声には馴染みがあり、味わい深く拝聴いたしました。
     実は、私は「栃木・宮澤賢治の会」の会員で、賢治の世界を学んでいます。児童向けの人形劇団が「賢治の学校」を開講することに深く関心を持ちました。賢治童話は粗筋を追うだけでは理解できない深さがあり、子どもたちがこの楽校で賢治童話に親しめるよう、どう取り組んでいかれるのか楽しみにしています。
     先日拝観させていただき、楽校が対象とする生徒さんは大人なのか子どもなのか難しいところだな、というのが正直な感想でした。賢治は生涯持ち続けた法華経の祈りを子どもたちに伝えたいという思いで童話を書いたわけですが、そこが大人も惹き付けられる童話である由縁かと思います。あまり難しく考えず、欲張らず、ご自分が楽しむように生徒さんを楽しませてください。
     鹿沼市には、宮澤賢治を愛して止まない方がいらして、かぬま「どんぐりと山猫」の会、というサークルがあります。私個人の面識はないのですが、講座に参加したことがあり時々案内状をいただきます。小川さんが求めていることと重なる部分があると思いますので、よかったら同じ市内でもありお話をされてはどうでしょうか。連絡先は下記の通りです。

     〒322-0068 鹿沼市今宮町1634-8 石島崇男さん
     ℡090-9842-2921

     私の所属する会でも、毎月1回第2日曜日に勉強会を開いていますが、何かお役に立てることがあればご案内いたしますので、ご連絡ください。
    初めてお目にかかる方達と「精神歌」を歌えたことは大きな喜びでした。
    第2回目の講義を楽しみにしています。

    豊田三喜子

    • 小川みち子 より:

      豊田三喜子様

      「賢治の学校・その壱」にご参加くださり、ご感想も送って下さり、誠にありがとうございます。
      またいろいろな情報ありがとうございます。
       私としては「精神歌」の伴奏がおぼつかなく、リズムについても小川守氏とあれこれ模索していたのが、恥ずかしながらの実情です。できましたら、次回アドバイスしていただけたらありがたいです。
       
       宮沢賢治の朗読をされていた岡さんは、7月6日1時半より くぐつ・あとりえ人形劇場にて
      「岡おじさんのうたとおはなし」の公演をされます。この時は、さねとうあきら作品ですがよろしかったらぜひ、いらしてください。
      歌も鹿沼の合唱グループ「ポコアポコ」のお子さんたちがされているそうで、この歌声もなかなか素晴らしいとのことです。
      http://atorie.kugutu.jp/info/

       今後ともどうぞよろしくお願いします。
        人形劇団くぐつ 小川みち子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です